すべったの転コロんだの

すべったの転(コロ)んだの
なんだかんだと騒がしく言うさま。

「~とうるさいやつだ」


Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • すべったの転んだの — すべったの転(コロ)んだの なんだかんだと騒がしく言うさま。 「~とうるさいやつだ」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • たまおしこがね — たまおしこがね【玉押金亀子】 コガネムシ科の一群の甲虫の総称。 体長5~40ミリメートル。 多くは黒色で金属光沢をもつ。 糞塊を丸め後ろ向きに後ろ足で転がし, 地面に掘った穴に運び込んで卵を産みつける。 幼虫は糞球の内部を食べて育つ。 ファーブルの「昆虫記」に登場するヒジリタマオシコガネが代表種。 ユーラシア・アフリカに分布。 日本にはいない。 フンコロガシ。 → スカラベ …   Japanese explanatory dictionaries

  • だす — I だす (助動) 〔「でやす」の転。 近世上方語〕 軽い丁寧の意を持った断定を表す。 です。 「どいつも銭のねえふう〈だす〉/洒落本・中洲之華美」「夫だがいまつからあ半ん端〈だす〉/洒落本・真女意題」 〔現代では大阪その他の方言として用いられる〕 II だす【出す】 〔「いだす」の転。 中世頃から用いられた〕 (1)中にあったものを外へ, または, 人に見える所に, 移す。 ⇔ 入れる 「冷蔵庫から牛乳を~・す」「かばんから書類を~・す」「ゴミを家の前に~・す」「うみを~・す」「銀行へ行… …   Japanese explanatory dictionaries

  • たい — I たい (助動) 〔古語の助動詞「たし」の転。 中世以降の語〕 動詞および助動詞「れる・られる」「せる・させる」の連用形に接続する。 (1)話し手自身の希望を表す。 「おもしろい本が読み〈たい〉」「ぜひ私が行き〈たかっ〉た」 (2)話し手以外の人の希望を表す。 「帰り〈たけれ〉ば帰ってもよい」「大学へ行き〈たく〉ても行けない人もいるのだ」 (3)「ある」「である」などに付いて, 他に対する願望を表す。 …てほしい。 …であってほしい。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • ししん — I ししん【仕進】 役人として仕えること。 また, 官に仕えて立身すること。 仕官。 II ししん【使信】 イエス キリストおよび使徒たちの福音宣教の中核的内容。 転じて, 聖書の言葉から読み取れる内容, 説教者の勧めなど。 → ケリュグマ III ししん【使臣】 王命・国命で, 外国へ派遣される人。 「~を斬るは自ら国体を汚すなり/日本開化小史(卯吉)」 IV ししん【史臣】 記録をつかさどる臣。 V …   Japanese explanatory dictionaries

  • かん — I かん (副) 〔近世は「くわん」とも表記〕 (多く「と」を伴って)小さな鐘・鉦(シヨウ)などをたたいた時の澄んだ音を表す語。 「鐘を~と鳴らす」 II かん【上】 〔「かみ(上)」の転。 「かむ」とも表記〕 「かみ」に同じ。 助詞「の」「つ」の前にあらわれる形。 「~つけ(上野)」「~のくだり(上件)」 III かん【冠】 ※一※ (名) かんむり。 ※二※ (ト|タル) 最も優れているさま。 最高と認められるさま。 多く「冠たる」の形で用いる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • けん — I けん (助動) ⇒ けむ(助動) II けん (接助) 〔「けに」の転。 近世語〕 言い切りの形に付いて, 理由・原因を表す。 ゆえに。 から。 「上方衆(シユ)は気がよか~, こがいなことは有まいと/浄瑠璃・博多小女郎(上)」 〔現在でも中国・四国・九州地方で用いるところがある〕 III けん 刺身の下に敷く野菜のこと。 一般には大根などの千切りを用いる。 IV けん【乾】 易の …   Japanese explanatory dictionaries

  • てん — I てん (連語) ⇒ てむ(連語) II てん【典】 (1)儀式。 作法。 「華燭の~」 (2)原則。 きまり。 「田園を開拓する者は賞与の~あり/日本風景論(重昂)」 (3)律令制で, 国司の主典(サカン)。 III てん【奠】 神仏などへの供え物。 供物(クモツ)。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こうかん — I こうかん【交感】 感応し合うこと。 II こうかん【交換】 (1)物と物とをとりかえること。 やりとりすること。 「物々~」「意見を~する」 (2)個人または集団の送り手と受け手の間で, 財やサービスのやりとりが行われること。 経済のみならず社会関係の維持・創出と深く関わる。 (3)民法上, 当事者が互いに金銭以外の財産の所有権の移転をなすという契約。 III こうかん【交歓・交驩】 互いに親しく交わり楽しむこと。 「~会」 IV …   Japanese explanatory dictionaries

  • けつ — I けつ【尻・穴】 (1)〔「あな」の意から〕 俗に「しり」「うしろ」をいう。 (2)俗に「最後」のこと。 びり。 「~から三番目」 (3)男色。 「~をするまねには孟母こまる也/柳多留 43」 ~の穴(アナ)が=小さ・い(=狭(セマ)・い) 度量がせまい。 小心である。 「~・いことを言うな」 ~の毛を抜・く ⇒ …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.